修理のトラブルを防ぐには

水道の修理では、修理箇所に対して不当に高額の料金が請求されたという話も聞くことがあります。このようなトラブルは信頼できる修理業者をご存知であれば避けられるますので、一戸建てなら水道を敷設した業者、集合住宅なら管理人や管理会社に紹介してもらうことで信頼できる修理業者に修理をお願いできる可能性が高くなります。

もし早急な対応が必要で、急に修理業者にお願いする際には必ず連絡の段階で修理費用の見積もりをお願いしましょう。修理費用の中には出張費が入り、修理がキャンセルになった場合でも出張費のみ請求される場合もありますので気をつけましょう。なお、出張費を別途請求することで、基本料金を安く抑える方式の良心的な業者もありますので、修理キャンセル時の出張費の有無も同時に確認することをお勧めします。

電話不幸にして明らかに不当な請求をされた場合は、その場で料金を支払わず、消費者センターに相談して料金が正当なものであるかどうかを確認の上で支払うか、業者に料金を支払うよう強制された場合は恐喝に該当しますので、その場で警察を呼んで、事情を説明しましょう。たまたま修理箇所が想像以上に酷く、より高額な修理が必要だったとしても、不当な高額請求を行わない業者であれば事前にお客様に説明を行いますし、警察や消費者センターへも納得できる説明を行います。

水道のトラブルは、落ち着いて対応することで解決できるものが殆どです。慌てずに対処したいものです。

【参考修理】水道修理

Pocket

業者に連絡する前に

「水が止まらない」という水道トラブルで業者に連絡する前にやっておくことは、「水道の元栓を止めること」です。水道の元栓を止めると水はそれ以上出てくることはありませんので、トラブルの拡大を防ぐことが出来ます。修理業者の方でも、お客様から相談された段階で「水道の元栓を止めて下さい」とお客様に伝えておくことは多いです

業者水道のトラブルが発生した場合、「専門の修理業者を呼ばないといけない」と考えてしまいがちですが、お客様がマンションやアパートのような集合住宅にお住いの場合は専門の修理業者に相談する前に、ご自宅を管理している大家さんや管理会社に相談された方が良い場合もあります。大家さんや管理会社は建物を施工した業者と提携していることも多く、そこから信頼できる修理業者を手配出来る場合もあります。同じように、一戸建ての場合なら、家を建てる時にお願いした業者に相談するのも効果的です。大抵水回りの設備をしている業者は修理受付も行っています。

ウォシュレットタイプのトイレのような、水回りのトラブルだけでなく機械的な部分のトラブルであれば、メーカーに相談してみましょう。機械のトラブルであれば、水道の修理業者でも対応出来ずに結局メーカーの対応になってしまいます。

修理のトラブルを防ぐには

Pocket

水道トラブルは業者が直す物か

「水道のトラブル」というと、蛇口からの水漏れやトイレや排水管の詰まり、エアコンの水漏れが挙げられます。北海道や東北地方を始めとする寒冷地なら、これに「冬場の水道凍結」が加わることでしょう。いきなり水が流れないというトラブルが発生した時、特に夜間帯や休日だと「業者も休みだ」という気持ちから余計に焦ることも多いと思います。

蛇口水道修理は一見難しく見えるのですが、実際は道具があれば、ご自身で簡単に修理が出来る場合もあります。ご自分で簡単に修理が出来る代表的なものが蛇口のパッキンが劣化したので水が止まらない場合、パイプクリーナーを使って良くなる程度の排水管の詰まりです。ごく軽い水漏れなら、特殊なテープを貼ることで問題なく利用できる場合もあります。トイレの水回りのトラブルは自分での対応は無理だと思われますが、トイレの形状と故障箇所によってはご自分で修理することも可能です。これらの道具はホームセンターで取り扱っており、ご自分で修理をした場合は業者にお願いするよりもはるかに安い費用で修理することが可能です。

ご自分で修理が出来るものはあくまで簡単なトラブルであることが多く、ご自身でも修理が出来ない程に酷いトラブルや専門知識が求められる箇所の修理、ご自分での修理に抵抗がある方、寒冷地で水道が凍結した場合は修理業者にお願いすることになります。水道業者をお願いする時に気をつけておくべき点はどのようなものかをまとめました。ご参考になれば幸いです。

業者に連絡する前に

Pocket